戦争時代に旧新城高等女学校にかかわられた皆さま方の体験記録を,皆様の了承を得て掲載させていただきます。
新城高女の悲劇
「豊川海軍工廠の姫百合」
昭28年発行 婦人倶楽部より


会計部に配属された新城高女


光学部事務所付近の防空壕
(桜ヶ丘ミュージアム提供)
 このページは,旧新城高等女学校(新城高校の前身)に在籍し,豊川海軍工廠へ学徒動員された第32回卒業生の皆さんとその関係者から寄せられた体験記録です。昭和20年8月7日,海軍工廠が空襲され,動員されていた新城高女の生徒22名が犠牲になりました。しかし,そのことは記録としてほとんど残されておらず,体験記録もありませんでした。今回,戦後71年目にして初めて明らかになったことばかりです。数は少ないですが,とても貴重です。
 新城高校教諭の佐藤道洋先生は,新城高女の犠牲者の数に疑問を抱いたことをきっかけに犠牲になられた生徒について調査され,平成27年11月の文化祭で展示発表されました。調査の過程で新城高女のみなさんから写真やアンケートで体験文が寄せられたこともあり,それをもとに平成28年8月5日,富岡ふるさと会館で講演していただきました。
 ここに掲載する体験記録は,佐藤先生のアンケートに答えられた新城高女の方々に改めて原稿依頼をし,寄せられた体験記録と電話取材でまとめさせていただいた体験記録です。ご高齢にもかかわらず,記憶の糸を懸命にたぐり寄せて記録にまとめてくださいました方々に深く感謝申し上げます。
 なお,新城高女に関わりのある方の体験記録は,市外,県外の方を問わず,いつでも受け付けていますので,遠慮なくお申し出ください。


  ◆佐藤道洋氏 調査記録1 「新城高女の悲劇」    
戦争体験の動画は下に ↓
  ◆佐藤道洋氏 調査記録2 「当時の品や写真」

  ◆身近な人の戦争体験を取材して  安形茂樹

番号 地 区 お名前  年 齢
(終戦時)
内        容
日 吉 野沢 やす 17   爆弾の破片が今も体内に
野田市 加藤 恭子 16   戦後70年にして初めて知った級友の悲劇
大 野 太田美智子 16   爆弾に直撃された防空壕
設楽町田口 村松 あい 16   あこがれの新城高女のはずが……
東 京 藤井 苑江 17   新城高女と海軍工廠
豊 川 森田 節子 17   豊川海軍工廠の被爆  新城地方教育百年史掲載手記
富 岡 浅見 英紀   何一つ語らず()った父  高女引率教師の苦悩
 
 
10
11  
12  
  
             戦争体験を聞く会    当日のビデオ録画が見られます。
         「新城高女の悲劇」     平成28年8月5日(火) 富岡ふるさと会館

         ① 佐藤 道洋 氏   新城高校教諭
         ② 浅見 英紀 氏   新城高女引率教師のご長男
         ③ 村松 あい 氏   新城高女第32回生
         ④ 太田美智子 氏    新城高女第32回生
         ⑤ 安形茂樹  
補足1 新城高女の職場の位置と避難の是非 
                       補足2 体験が語られなかった理由 

  豊川海軍工廠の姫百合  婦人倶楽部 昭28年発行 
 体験談を募集しています

  体験談,体験記録はいつでもお受けいたします。
  文字を書くのがつらい方も
 もおみえかと思います。取材
 をご希望の場合は,下記まで
 ご連絡下さい。

  ・富岡ふるさと会館へ
    26-1422
  (9~16時 月曜日を除く)
   担当:安形茂樹
 携帯 090-8673-5147

昭16年 東郷村へ勤労奉仕


昭17年新城高女で同級生と


昭21年専攻科卒業写真
旧新城高女の校舎と心字池