愛知県八名郡地図


   1872年(明治5年),愛知県となり,豊川(とよがわ)の南東側の74
  の村が八名郡となりました。旧鳳来町の七郷一色から豊橋
  市の牛川や多米まで,広範囲だったことが分かります。
 
            八名郡誌(大正15年発行)より
               八名高の平面図


   八名郡高等小学校(八名高)は,八名郡でただ一つの高等
  小学校として,1887年(明治20年)7月20日,半原藩邸跡(はんていあと)
  に創立されました。寄宿舎(きしゅくしゃ)や実習のための畑と果樹園などが
  ありました。
               (富岡ふるさと会館展示資料)
   
       
    ← 写真をクリックすると拡大できます
               八名高の講堂

   当時は先進的な教育で全国から注目された八名高でしたが,
  1902年(明治35年),八名高は廃校となりました。建物は,
  八名高等小学校(正式には富岡村・長部(おさべ)村組合立八名高等
  小学校)として,継続使用されましたが,1910年(明治43年)
  には,完全に廃校となりました。
   写真の講堂は,当時の乗本小学校に移築(いちく)されました。この
  講堂は,当時としてはめずらしい,メートル法で建築された建
  物としてよく知られていたそうです。
                        (写真提供 新城市資料室)
              八名高等小学校卒業生


   この写真は,明治38年に撮影されたものですので,正確には
  郡立の八名高ではありません。しかし,廃校3年後の写真であり,
  後ろに校舎と思われる建物があり,服装も八名高時代とあまり
  変わっていないと考えられます。

             (写真 八名小学校提供)
             「八名高等小学校を(しの)ぶの記」


   昭和10年(1935年)1月,柿原明十氏がまとめられたものです。
  来校者には,桂太郎(後総理大臣),乃木希典(まれすけ)(後陸軍大臣)
  はじめ,著名な軍人,博士,議員,知事等が多数訪れています。
   出身者としては,後に陸軍大将となる松井石根(いわね),俳人の冨安
  風生(ふうせい)をはじめ,法学士,教育家,工学士,医学博士,文学士,
  軍人(陸軍大将,中尉(ちゅうい),海軍大佐(たいさ))等々,優秀な人材を送り出し
  ています。
   
               (富岡ふるさと会館所蔵)


   ← 写真をクリックすると拡大できます
   
        先頭で南京に入城する松井石根(いわね)軍司令官


   八名高を卒業した石根少年は,後に陸軍大学校を首席(しゅせき)で卒業
  し,日露(にちろ)戦争などに従軍(じゅうぐん)し,陸軍大将となりました。
   中国での司令官として,当時の中華民国の首都南京(なんきん)を攻撃,
  占領しました。その時に南京大虐殺(だいぎゃくさつ)がおこり,終戦後,その責任
  を問われ,死刑となりました。

               (写真:研秀出版 昭和史より)
            松井石根陸軍大将揮毫(きごう)の校旗


   富岡小学校へ(おく)られた松井石根陸軍大将が書かれた校旗です。
  戦時中,兵隊送りの際は,この校旗を先頭に,出征(しゅっせい)する兵士の
  のぼり旗を(かか)げ,太鼓に合わせて軍歌を歌って,にぎやかに見送
  りしたそうです。

              (校旗 富岡ふるさと会館所蔵)