薬師如来収蔵庫と薬師堂


   国指定重要文化財の薬師如来は,右の薬師堂に保管されて 
  いましたが,昭和49年に収蔵庫が完成し,移されました。


            市指定文化財 薬師堂


   薬師堂は宝形(ほうぎょう)造り(屋根に棟がなく一点に集まっている形式)
  の瓦ぶきの小堂で,風格があります。また,この堂は全体が一本
  の松の木で造られたと伝えられています。



            重文 薬師如来座像


   平安時代に繁栄した大脇寺の本尊で,「庭野のお薬師さま」と
  して親しまれています。嘉応3年(1171年),仏師頼与(よりよ)の作で,
  アスナロ材の一木(いちぼく)造り(首と胴体が一本に木で造られる)です。

   


               薬師如来座像


   お薬師さまは,昔から病気に悩む人に信仰され,特に眼病に
  効果があると信じられ,ひらがなの「め」の字を年の数だけ連続
  で「め」と大書して,治癒を祈願するとよいとされています。

  
      

               薬師如来座像

   
   昭和28年に解体修理がなされ,その時,頭部の内側に銘文が
  発見され,制作年代と作者が明らかになりました。その時,後背(こうはい)
  台座,薬壺(やっこ)が作り変えられました。

  
   

                 薬壺(やっこ)

   薬の(つぼ)で,昭和28年に作りかえられたものです。薬師如来は,
  前後の厚みが薄い姿で,衣の線も穏やかな浅い切り口を示して
  いて,平安時代後期の像に共通した特徴だそうです。





                十二神将像(左側)


   薬師如来の左右両脇に6体ずつ置かれています。甲冑(かっちゅう)に身を
  固めた武者姿で,頭上に動物(十二支)をのせていますが,破損
  がひどく,手に持つ武器はほとんど残っていません。



                十二神将像(右側)


   像の高さは40㎝ほどで,江戸時代の作と伝えられています。
  表情に激しさや恐ろしさといった印象はほとんどなく,むしろ,
  あどけなさが感じられる像です。