照山城遠景


   勘助は,豊橋市賀茂町の照山城が出生の地とされて 
  います。しかし,出生地と伝えられる場所は,全国にいく
  つかあるようです。


            勘助生誕地碑

 
   豊橋市賀茂町の生誕地碑。この碑には,山本晴幸(はるよし)
  刻まれていますが,山本勘助のことです。

 
            黒田山本家の跡


    山本家は広大な敷地の旧家で,母屋は取り壊されてい
   ますが,離れ座敷,蚕室,土蔵などが残されています。
             勘助の由来が刻まれている石塔


   第13代勘助を自称された故山本文夫氏により,昭和
  58年に建立された石塔です。黒田山本家の山本勘助の
  由来が詳しく刻まれています。
        2代目山本勘助 勘蔵信供の供養塔


   山本家に伝わる「先祖之覚」によると,山本勘助の長男は
  勘蔵信供で,長篠設楽原の戦いで戦死したとされています。
  この小さな石塔が勘蔵信供の供養塔だそうです。

           山本勘助代々の墓


   歴代勘助の墓が並んでいます。一番右側の蓮華台のある
  大きな石塔が3代目勘助,助次郎信倶(のぶとも)の墓です。
  その左が4代目勘助,兵四郎利平とその妻,さらに5代目,
  6代目,7代目と続いています。