森の石松 研究冊子


   石松に精通されている地元郷土史家,伊田良種(よしね)
  がまとめられた研究冊子です。これを読めば,石松の
  一生がよく分かります。
            森の石松の生家


   森の石松の生家は山本家で,三河国八名郡半原村
  堀切です。屋敷跡は約1反歩(10a)もある広さです。
   山本家は百姓とはいえ,苗字帯刀を許された家柄で,
  代々山本荘次郎を名乗っています。
          山本家の系図


   石松の父助治(すけはる)は,作手郷大和田村の稲吉家から
  かなを妻に迎えます。稲吉家は,大和田村の開祖で,
  かなは文武両道の達人,稲吉庄右衛門(しょうえもん)応貞の妹で
  す。二人の間に生まれた長男は若くして亡くなりまし
  たが,続いて次男の「石松」が生まれました。  


   ← クリックすると拡大できます
             助治(すけはる)の証文


   石松が幼児期に,父親の助治に連れられて遠州へ炭焼
  きに出たことは伝承で伝えられていましたが,この古文書
  の発見により,遠州行きの確かな根拠となりました。
   内容から,助治が自分の土地を10年間近所の山本孫助
  に預け,5両3分の金を借りたことが分かります。元金を返
  した時は地所を返してもらうことも書かれています。  


   ← クリックすると拡大できます
       山本家の菩提寺 洞雲(とううん)

 
   洞雲寺は,この地をおさめた安部氏によって建立された
  真言宗のお寺です。半原藩の士族の供養塔をはじめ,森
  の石松の墓,中村メイコさんが建立したお墓もあります。
             山本家の位牌


   この位牌は,大正8年(1919年)に石松の(おい)欽吉(きんきち)
  作ったものです。気性が荒く,喧嘩(けんか)(きち)と言われていたそう
  ですが,寺に唐金(からかね)燭台(しょくだい)一対を寄贈しています。

                         (協力 洞雲寺)
             山本家の過去帳


   洞雲寺が火災にあったため,過去帳は作り直されています。
  そのため年代が順不同になっています。上段右から二人目が
  欽吉ですが,石松の戒名(かいみょう)は書かれていません。上の位牌にも
  名前はなく,(うと)ましく思われていたことが分かります。

                         (協力 洞雲寺)
                  石松の墓


   山本家の墓地の片隅に葬られています。石塔は自然石です。
  他の墓碑と比べてはいけませんが,やはりさみしく感じてしまい
  ます。それでも時折,賽銭(さいせん)や酒,ビールが供えられるようです。
  
                広沢虎造(とらぞう)ご夫妻


   昭44年(1969年)3月23日,森の石松を浪曲で一躍有名に
  した広沢虎造氏が洞雲寺を訪れ,森の石松の墓を(もう)でられまし
  た。中央が先代の洞雲寺住職,その左右が広沢夫妻です。


                       (写真提供 伊田良種氏)