旗頭山古墳(愛知県指定文化財)


   この古墳は,豊川市金沢町と新城市の境界にあります。
  金沢側のふもとの1号墳から始まり,全体で34の古墳が
  ありましたが,新城側の25号墳から34号墳は,すでに
  崩壊してしまっています。
              旗頭山古墳


   旗頭山の尾根づたいに24の古墳が現存しています。
  一般的な古墳は,石室を土でおおいますが,この古墳
  は,大小の石を積み上げて造られています。朝鮮半島
  で発達した積石塚といわれる古墳がみられることです。
  そのため渡来人の墓との説があるそうです。
              旗頭山古墳


   金沢側からの尾根には積石塚古墳がみられますが,
  1号墳から15号墳は石と土を用いた半積石塚で,17
  号墳から24号墳はすべて積石塚古墳だそうです。
   写真は金沢側から旗頭山の尾根を見上げたところ。
   
           旗頭山頂上付近


   左手の標柱は旗頭山尾根23号墳,中央の標柱は同
  24号墳と記されています。
          旗頭山頂上付近から 


   25号墳の東側は採石により断崖となっています。
  写真は頂上付近から西側の尾根を見下ろしたところ
  です。

  
             旗頭山からの眺望 ①

   
   このような眺望が開ける場所に古墳が造られたのは
  なぜでしょうか。
   写真は江島,豊川方面です。
           旗頭山からの眺望 ② 

  
   写真は北方面,後方の山は本宮山です。
          旗頭山からの眺望 ③


   写真は東方面,新城方面が見えます。天正元年の
  野田の戦いの時,浜松から駆けつけた家康が,一時
  3千人を率いて布陣した山でもあります。
          旗頭山への登り口


   旗頭山へ登るには金沢側から登るのが安全です。
  長慶寺の墓園から登ることができます。墓園近くには
  写真のような案内板があります。
   なお,新城側からは柴田興業の採石場を通らないと
  登れません。危険を伴いますのでお勧めできません。
           復元された旗頭山26号墳


   昭和52年の発掘調査後,市内の小中学生が積石を
  ふもとまで運び下ろしたそうです。それを桜淵公園にあ
  る青年の家の駐車場横に復元したのです。これがこの
  写真です。
  
        復元された旗頭山26号墳の案内板


   古墳は積石塚の円墳で,直径約6.5m,高さは約
  1.5mです。石室の実測図などのくわしい説明は,
  実際に見て確認してください。