学聚館跡の碑

  1870年(明治3年)5月,半原陣屋内の一棟を仮校舎
 とし,学聚館を開きました。生徒はおよそ50人ほどで,ほ
 とんどは藩士の子弟だったと考えられています。


            当時使われた漢学書

  八名小学校には,学聚館の印が押されている四書五経,
 文選,史記等の蔵書が数多く保管されています。
           「孟子」という漢語の本

  生徒は,6.7歳から入学を許されて,藩士だけでなく平民
 も希望者は許可する方針だったとされています。
  しかし,1871年(明治4年),廃藩置県となり廃校になり,
 わずか1年間存続したに過ぎませんでした。
        半原陣屋(代官役所)の平面図

  安部氏は,1868年(慶応4年)3月に半原への移転を願
 い出ています。明治維新の混乱のさなか,藩士やその家族
 は,住む家もなく,民家に間借りするなどして,一時しのぎの
 状態でした。それでも教育については,何よりも大切にして
 いたことが分かります。